あがり症には原因があった!なりやすのはこんな人

あがり症と聞くと何か特別な感じもしますが、
実は誰にでも起こり得る事なんですよ。
仕事など人前で話すときに異常に緊張するなど、
自分はあがり症だと自覚がある人も多いと思います。
周りの同僚はスラスラと話しているのに、なぜ自分はこんなにも
緊張してしまうのかと悩んでしまいますよね。
これには原因があります。
あがり症は“社会不安障害”や“対人恐怖症”と同じと考えられています。
あがり症になる原因には過去の経験が影響している場合が多いのです。
そんな原因について考えてみました。

考えすぎる

自分はあがり症なのかもしれないと思いこんで、
必要以上にあがってしまうなんてこともあります。
他に人にしてみれば全くそんな事ない場合が多く、
自分だけがそう思い込んでいるのです。
またそういう人はみんなが自分に気を使って本当の事が言えないと
思ってしまって、悪循環に陥ってしまうのです。

人前での失敗経験

仕事上でプレゼンなど発表する際に、大きな失敗などがあると
それが原因であがり症になってしまう時があります。
もう二度とあのような事が無いようにと考えれば考えるほど
どうしようもなくなってしますのです。

上司などに怒られた経験

他の同僚や部下のいる前で上司に叱られたりすると、
あまりのショックと恥ずかしさであがり症になってしまう事があります。
また失敗すれば上司に怒られてしまうなど、余計な心配も増えて
更に自体が悪化する事も少なくありません。

プライドの高さ

プライドの高い方があがり症になる場合もあります。
プライドが高過ぎると本当の自分より大きく見せたりなど
見栄を張ってしまうがゆえに失敗を過度に恐れる傾向があります。
また、自分があがり症だと認めたくないので余計に重症化する
恐れがあります。

完璧にこだわる

常に完璧でないといけないと思いこむ事もあがり症につながりますよ。
周りはそこまでは求めていないのに、自分が完璧を求め過ぎて、
最終的には自分を追い込んであがり症になってしまいます。

ご自分に当てはまる事はありましたか?
まずは原因を探って、解決策を考えていきましょう。

あがり症は漢方やハーブでゆっくり体質改善しましょう

あがり症とは人と話したり会議など、大勢の前で話すと
大量の汗をかいたり、顔が赤くなったり、手足が震えたり、
人の目を真っ直ぐ見られないなど、本当に様々な症状があります。

この症状に悩んでいる方は、人と話すたびに激しい緊張状態に陥って
しまってひどい場合は過呼吸になってしまったりするのです。
改善方法にはメンタルトレーニングのセミナー、催眠療法なども
ありますが、時間もないし大げさにはやりたくないと思っている方には
漢方やハーブもおススメです。
病院で処方される西洋の薬のようにすぐに症状が変化するわけでは
ありませんが、ゆったりと体質改善する事ができます。

漢方編

◇抑肝散(ヨクカンサン)
感情の高ぶりを抑え、イライラを軽減するこうかがあります。

◇半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)
精神を安定させ、リラックスする効果が期待できます。

◇柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
多汗症や落ち込み、イライなどに良く効き、パニック障害の治療に使われる
事もあります。

ドラッグストアなどで市販されている漢方薬もたくさんありますが、
漢方も副作用が全くないとは言えないので、
医者や専門の漢方薬局などで相談しながら購入する方が安心です。
最近では保険が効く漢方薬も多くありますので、安く購入する事も
可能になりました。
あがり症や緊張しやすい方には少し苦痛かもしれませんが、
症状に合わせてご自分に適した漢方を選んでもらえるのでそうした方が
良いでしょう。

ハーブ編

ハーブにはリラックス効果が期待できるものがたくさんありますので、
あがり症や過度の緊張を予防する事ができます。
特におススメの3つをご紹介します。

◇ジャスミン
自律神経の乱れを整え、リラックス効果があります。

◇ラベンダー
心身の緊張を安定させ、不安感を軽減し、
ストレスを解消する効果があります。

◇カモミール
ストレスを緩和させ、気持ちをリラックスさせる効果があります。

これらはお茶として飲んでも良いですが、香りを嗅ぐだけでも
リラックスさせてくれるので、携帯して少し不安な時などに
香りを嗅げば症状を和らげ、安心する事ができます。
寝る前にアロマポットを使うなどして、普段からリラックスする事を
心掛けて下さい。
焦らずに少しずつ症状の緩和を目指して適度に頑張りましょう。

こんな人は要注意!あがり症のサイン

人前に出るとなんだかやたらと緊張してしまって、
全くと言ってよいほど話せないという方や
ちょっとした会議なのにどうして良いのかオドオドして
周りの上司や同僚も戸惑ってしまってなんて経験はありませんか?

そんな悩みを抱えている方の中にはあがり症と呼ばれる人が多いです。
あがり症は“対人恐怖症”“社会不安障害”などと同じ部類に分けられます。
これは過去の経験からくるトラウマなどいろいろ原因はありますが、
どんな症状が出たらあがり症を疑えば良いのでしょう。
主な症状をご紹介しますので是非ご参考にしてみて下さい。

基本的にはあがり症の方は人前に出ると症状が現れる事が多いのです。
人が多くいるところやお店などで店員さんと話す時にも以下のような
症状が現れる事があります。

顔が赤面する

人に見られている事を意識してしまって顔が赤面し、
口ごもってしまうなどの症状です。

体や手に汗を大量にかく

人前に出るとなぜか手が汗でびっしょりになったり、体がやたらと
熱くなり、汗が止まらなくなる症状です。

体や手の震えが止まらない

体や手がブルブルと震え出して、ひどい場合はコップや資料などの
紙も持っていられないような場合もあります。

苦しくなる

話そうと思っても苦しくなって言葉に詰まってしまいます。
重症になると過呼吸のような症状も現れます。

視線が気になり目を合わせられない

皆が自分を見ていると視線がやたらと気になってしまい、
しかもその視線が脅威に感じられ、目を合わせる事ができません。

ひざがガクガクしてしまう

ひざが笑ったようにガクガクしてしまい、立っているのもツラくなる
症状です。

お手洗いが近くなる

自分の発言の順番などが近づいてくると緊張し過ぎて何度も
お手洗いに行きたくなります。

落ち着きがなくなる

ソワソワして落ち着きがなくなり座っている事もできずに
周りをうろうろ歩き回ったり、しきりに手や指を動かしたり、
目が泳いだなどの症状です。
このような症状が頻繁に現れる場合はもしかしたら自分はあがり症
なのかもしれないと疑ってみましょう。
そうとわかれば気持ちが少し楽になり克服や治療が始められます。

コレで軽減!あがり症に効くツボ

人前で話す機会があると必ず物凄い緊張に襲われて
赤面したり汗が出たりする方は、もしかしたら
あがり症かもしれませんよ。

あがり症とは社会不安障害や対人恐怖症などとも言われ、
程度がありますが多くの人がこれに悩まされています。
主な症状には人前で話したり人と話す時に手や体の震えや赤面、
人の目を見られない、手や体中から大量の汗が出るなど多岐に渡ります。

病院へ行くという選択肢もありますが、自分でできる対処方法も
いくつかあり、その1つにツボがあります。
あがり症や緊張に効くツボを刺激して軽減させてみましょう。

■合谷(ゴウコク)

手の甲側の親指と人差し指の付け根の骨と骨の間のくぼみにあるツボです。
刺激すると響くような痛みがあります。
合谷を刺激すると他にも肩こりや頭痛、便秘などにも効果があり、
万能のツボとも言えます。

反対の手で挟むようにして親指でグッと2分間程度刺激して下さい。

■労宮(ロウキュウ)

手のひらの中央付近にあるツボで、手をキュッと握った時に
中指と薬指の間あたりにあります。
血の巡りを良くしたり、気持ちを落ち着かせたり気持ちの落ち込み、
イライラを抑える効果が期待できるツボです。

ほどよい力で強すぎない程度に5秒間の刺激を5、6回行いましょう。

■内関(ナイカン)

手のひら側の手首を少し曲げた時にできる縦の筋上にあり、
手のひらと手首の境から肘の方向に指3本分くらいの所にあります。
ストレスやイライラなどの精神面での効果の他にも
胃腸や消化器系の不調や乗り物酔い、妊婦さんのツワリにも
効果が期待できます。

少し強めに押し込むような感じで5秒くらいの刺激を
7、8回続けてみて下さい。

■神門(シンモン)

手のひらの小指から真っ直ぐ下がってきた手首のくぼんでいる所
にあるツボです。
不安やイライラ、ストレスや不眠などにも効果があります。

こちらのサイトを参考にしました。
http://www.thegyac.org/

親指でちょっと痛いくらいの力で2分程度刺激してみて下さい。
ちょっと緊張しそうだなと思った時や、家でのリラックスタイムなどに
行ってみましょう。
ツボ押しの棒で強くグリグリ刺激しなくてもご自分の親指で十分に
効果がありますので、緊張やあがり症でお悩みの方はぜひお試しください。

あがり症や緊張しやすい方におススメの簡単対策

自分はあがり症や緊張しやすかったり、家族や会社の同僚が
いつも会議の時に汗をかいたり赤面していて少し気の毒に思う事が
あると思います。

病院での治療や薬など様々な改善方法はありますが、
時間もないし、そこまでひどくはないかもと思っている方は
簡単に自分で対策を取る事はできないのでしょうか?

原因を探る

あがり症になるのは過去に何らかの失敗や恥ずかしい思いをした
事が原因の場合が多いのです。
上司に皆の前で怒られたり誰かに笑われたりして、
また失敗して怒られたらどうしようなどと考えて激しく緊張して
しまったりするのです。
まずは自分がなぜ緊張するようになってしまったのかを
思い出してみて原因を探ってみましょう。
原因に気づけば、全てのものにいつも緊張しなくても
例えば上司Aと話す時は緊張するけど他の上司は大丈夫など
気を付けるべきポイントがわかるので自分の中で整理が付きます。

緊張は当たりまえと思う

人前で緊張するのは当然の事です。
場数をいくら踏んだって緊張する事はありますし、芸能人でも
あがってしまう人だっています。
程よい緊張は逆に良い結果を招く事だってありますので、
緊張する事=悪い事と捉えない事が大事です。
これも個性だとあがり症の自分を優しく受け止めてあげましょう。
無理に治そうと自分を追い込めば追い込むほど症状がひどくなる
場合もありますので、気を付けて下さい。

目線を変えてみる

どうしてもダメだと言う時には、人前で話す時に相手をじっと見なくても
見ているように見える目線がありますのでお試しください。
一対一の時は、相手の鼻先辺りを見るようにしましょう。
あまりじっと見つめずに視線を置く程度にすれば自然な感じになります。
会場など大勢の前で話す時もなるべく遠くを見ると
人の視線が気になりませんよ。
会議の場合は一対一の目線を応用して一人一人の鼻先に目線をずらしながら、
あまり一人の人に注目しないで視線をゆっくり流してみましょう。

ストレッチをする

「いざ会議だ」と意気込むのあがり症や緊張しやすい方には余計な
プレッシャーになります。
そういう時には軽いストレッチをして体の緊張をほぐして下さい。
顔を洗ったりガムを噛むのも緊張が和らぎますよ。
これらの方法ですぐに治るわけではありませんが、
少しずつ挑戦して無理なく改善を目指してみて下さい。

もしかしてあがり症と思ったら病院での治療もあった

あがり症とは、“社会不安障害”や“対人恐怖症”とも同じような
位置づけにあり、悩んでいる方も多くいます。
原因は、過去の失敗などによる恐怖心など様々あり、
症状も多岐に渡ります。

自分でもあがり症だと認識し、治そうと思っても何をどうして良いのか分からずに困り果てる方もありますよね。
そんな時には迷わずに病院に相談してみましょう。
病院へ行くと本格的に自分は病気なのかと深く考えてしまう場合もありますが、まずは気軽に専門の先生に相談してもし治療が必要なら、
早めに始める事が大切です。

病院での治療方法などご紹介したいと思います。

何科に通えば良いのか

まずはどの科に通えば良いのかが問題ですね。
あがり症などの症状の場合は心療内科やメンタルクリニック
に通うのが一般的です。
不安がある方はいつも通っているかかりつけ医に相談して
心療内科など適切な科を紹介してもらうのも良いですね。
先生と話して安心して専門の先生に診てもらうと
より安心できますね。

料金は?保険は使えるのか

ほとんどの病院やクリニックでは通常の診療のように3割負担で
治療を受ける事ができますが、中には保険の効かない病院もありますので、
まず電話などで聞いてみると安心ですね。
初診で病院を訪れる場合は初診料などもかかりますので、
10,000円くらいを目安に持参しましょう。

治療法は?

肝心の治療法にはどのようなものがあるのでしょう。
まずは医師のカウンセリングが行われますが、
その他にも様々な治療法があります。

◇薬物療法
適切な薬を医師に処方してもらって治療を進めます。
1,500円~3,000円くらいの料金がかかります。

◇行動療法
あえて困難な状況に立ち向かって苦手だと思っている意識を
良い方に変えていく治療法です。

◇認知療法
この治療は物事の考え方の偏りを直す方法です。
例えば、過去に失敗をした人が、また失敗するかもしれないという
考えを修正して、意識を変えていく治療法です。
行動療法と認知療法は合わせて認知行動療法として
行われる事もあります。

◇森田療法
自分の症状を受け止めてありのままの自分と上手く付き合いながら
良い方向に持っていこうと言う考え方の治療方法です。

人それぞれで合う治療法は違いますので、ご自分に合った治療法を
医師と相談して決めて下さい。
それにはまず、もしかして自分はあがり症ではないかと考えたら
心配せずに病院へ行ってみて下さい。

あがり症と遺伝

「あがり症」が大きな悩みの種となり

日常生活にも影響を及ぼしてしまっている人は多くいます。

「これは遺伝だから治らない」と思ってしまっている人も多いですが

これは実は遺伝とは関係がありません。

 

生まれもってあがり症という人はおらず

それまでの失敗してしまった苦い経験や

何かで恥ずかしい思いをしたトラウマが積み重なり

それがあがり症を引き起こしてしまうのです。

あがり症はしっかりと正しい方法で

回復へと導くことのできるものです。

 

 

それには勇気と努力が必要です。

失敗してしまうことや恥ずかしさを味わいたくないという気持ちを乗り越え

何度も何度も人前に立ってみる経験をしたり

人とおしゃべりをするようにするなど

地道なコミュニケーションが重要になってきます。

 

最初は失敗してしまい

「やっぱり思った通りだ、だからもう止める!」と考えてしまうこともあるでしょう。

お気持ちはわかりますが、そこで諦めてしまっては何も変わりません。

失敗をしても恥ずかしい思いをしても何度も何度も繰り返してみるのです。

 

その成果は必ず目に見えるかたちとなって表れるに違いありません。

「辛いけれど頑張ろう」そう思えたなら

あなたは克服の第1歩を歩んでいます。

応援しています、頑張って悩みを克服しましょう!

 

重苦しいばかりのあがり症

胸が重苦しい症状ばかりか、息切れがひどいと言われるなら、「あがり症」だと考えられます。深刻な病気の一種になります。
自律神経失調症と言うと、初めから神経質で、極度に緊張する人が罹患しやすい病気だと聞いています。デリケートで、些細な事でも気に掛けたりするタイプがほとんどです。
ガンについては、人の体のいろんな部位に生じる可能性があるのです。肺とか胃などの内臓は当然の事、血液・骨・皮膚などに発症するガンも存在しています。
お腹周辺が膨れ上がるのは、ほとんどの場合便秘であったりお腹の内部にガスが溜まることが要因です。こういった症状に見舞われる元凶は、胃腸が十分に動いていないからだそうです。
身体全体のいずれの部分を見ても、異常はないと思っているけど、手・腕だけがむくんでいるという人は、あがり症により引き起こされる循環器系の異常や何らかの炎症が想定されます。
ALSに関しては、筋萎縮性側索硬化症のことを示します。何が原因でなるのかはわかっていないようですが、症状が出始めた年から推測すると、神経系統の組織の劣化が影響を与えているのじゃないかと言う人が多いようです。
人間というのは、その人その人で相違していますが、確かに老化するものですし、パワーもダウンし、免疫力なども衰退して、やがて特定の病気が生じて死に至るというわけです。
医薬品という物は、病気からくる熱を下げさせたり、その原因を排除することで、自然治癒力を援護します。加えて、病気の拡散対策などのために供与されることもあると聞いています。
心臓などに甚大な問題がない場合でも、胸痛が襲ってくることもあって、胸痛はヤバイという不安から、輪をかけて症状がエスカレートすることがあると聞きました。
膠原病が女性の方に多く起きるのは、女性ホルモンが何らかの働きをしているからだと聞いています。ただし、男性のみなさんが発症する場合が目立つという膠原病も存在します。
ウイルスから見れば、冬の間は何よりも活動しやすい時なのです。感染しやすくなるのは言うまでもなく、空気が乾くことにより、ウイルス中の水分が体外に放出されて比重が軽減されるため、空気中に浮遊しやすい環境となり、感染してしまう人も増えるのです。
女性ホルモンというと、骨密度を保持しようとする働きがあり、女性ホルモンの分泌が乏しくなり始める閉経する頃に骨粗しょう症に罹患する人が増えると言われます。
日常的な咳だと信じていたのに、驚くべき病気に罹っていたということも可能性としてあります。そのうちでも症状が長らく続いている状況なら、病・医院で調べてもらうことが要されます。
簡単にあがり症と言いましても、多数の病気があると言われていますが、その中にあっても最近になって多くなってきているのが、動脈硬化が原因で起こる「あがり症」だそうです。
腸あるいは胃の動きが落ち込む原因は、病気をはじめ、体調不良・加齢、並びにストレスです。その他、絶対に原因だと言われているのが、「暴飲暴食」だと聞きました。

どうしてあがり症になってしまうのか?

どうしてあがり症になってしまうのかは、今でもきちんとは明証されてはいないのですが、虫垂の中に要らないものが詰まって、そこで細菌が繁殖すること、急性炎症を発症する病気だという見解が大勢を占めます。
ストレスの多い方は、別名「ストレス病」を発現しやすくなると考えられます。生活リズムを変えてみたり、価値判断を変えるなどして、状況が許す限り常日頃からストレス解消をするようにしましょう。
使用する薬が元来所有している特色や、患者さんの身体的特徴が災いして、的確に利用しても副作用が起きることがあると言われます。それから、思いもしない副作用に悩まされる事だって少なくありません。
生活習慣病と言われると、高血圧や循環器病などがあり、従来は成人病と命名されていたのです。過食、暴飲など、なにしろ常日頃の食の状況が大きく影響を与えるのです。
あがり症だと言っても、幾つもの病気があるとのことですが、特にここ何年かで増加傾向にあるのは、動脈硬化が誘発する「あがり症」だとのことです。
あがり症の範囲にはないが、正常値とも断定できない血糖値にあることを境界型と言われるのです。境界型はあがり症とは異なりますが、これから先あがり症だと言い渡される危険性がある状態であるということです。
熟睡、正常な栄養バランスのいい食生活が基本だということです。適切な運動は、ターンオーバーや呼吸・循環器系機能を向上させ、ストレスも少なくしてくれます。
自律神経とは、当事者の考えに束縛されることなく、勝手に身体全体の機能を一定に管理する神経で、「自律神経失調症」と言われるのは、その働きが落ち込む病気です。
脳卒中とは、脳に存在する血管で血流が滞ったり、それにより破れたりする疾病の総称でございます。数種類に区分できますが、最も症例が多いのが脳梗塞だそうです。
健康に気を付けている方でも、身体が細菌に感染すると、免疫力がグンと下降します。生誕時から病気で休みがちだったという人は、忘れずに手洗いなどを励行してくださいね。
疲労につきましては、痛みと発熱を足して、身体の三大注意報などと言われることも多く、数多くの病気で生じる病状です。そういうわけで、疲労症状が出る病気は、10や20ではないそうです。
種々の症状が見られる中で、胸部で痛みが発生する場合は、生命に直結する疾病にかかっていることが多々あります。いつから痛いのか、どの程度の痛みがどこの部位にあるのかなど、間違いなく担当医に告げることがマストです。
痒みが生じる疾病は、いっぱいあるらしいです。力任せに掻きむしるとよけいに痒くなりますので、できる範囲で掻かないで、少しでも早く医者で診てもらってケアしてもらうことが大事になります。
膠原病が女性の皆様に多くもたらされるのは、女性ホルモンが作用しているからだそうです。ただし、男性の皆様が発症することが大半を占めるという膠原病もあるとのことです。
どのような時でも笑顔を忘れないことは、健康維持のためにも役に立つはずです。ストレスの解消にとどまらず、病気の阻止にも役に立つなど、笑顔には思い掛けない効果がたくさんあります。